正しく治せば大腸がんは怖くない|まずは食事の見直しから

腹痛

子宮がんと一緒に検査を

医者

改良された免疫療法に期待

卵巣は腫瘍のできやすい臓器です。そのほとんどは良性の腫瘍ですが、卵子を成熟させる役目を持つ卵巣には多くの種類の細胞が集まっているため、悪性の腫瘍もしばしば生じます。これが卵巣がんです。腫瘍のできる場所によって、子どもから高齢者まで、幅広い年代の女性に起こるというのが卵巣がんのひとつの特徴です。卵巣は子宮のように外部と通じていないため、卵巣がんの早期発見は難しく、さらに初期の段階では自覚症状もほとんどありません。卵巣がんを治療する際は、まずはじめに手術を行うことが一般的です。どの部分の細胞にできたがんなのかを確定するためには手術で組織を摘出し検査する必要があるからです。その後抗がん剤治療や放射線治療が行われます。最近は免疫療法が注目されていますが、従来の方法では患者の体力的負担の大きいことが課題でした。しかし最近では、改良されたやり方で患者に負担をかけない免疫療法を行う病院も出てきています。

抗がん剤が効きやすいがん

卵巣がんができても、はじめのうちは痛みもなく、お腹が張る、または圧迫されるような感じがするとか、頻尿になるといったような自覚症状しかないのが普通です。便秘や軽い下腹部痛があっても、胃腸障害や生理痛などと紛らわしいため、がんの可能性に気づく人はまれです。いくらか症状が進むとしこりを感じるようになりますが、その時点ではすでに卵巣がんが進行していることが多いのです。しかも、卵巣がんは先述のように手術で組織を検査しなければ確たる診断は困難な病気です。そのため、まず表からはわからない卵巣の腫れをチェックすることが第一です。近年、子宮がんの検査を受ける女性が増えてきていますが、その検査の際に、超音波で子宮に腫れがないか調べてもらうのがおすすめです。卵巣がんは再発の多いがんですが、一方では抗がん剤の効きやすいがんでもあります。できる限り早期発見につとめるよう注意することが大切です。