正しく治せば大腸がんは怖くない|まずは食事の見直しから

腹痛

前立腺にできるがん

医者

がんは様々な種類がある

前立線がんは男性特有のがんです。男性の膀胱の出口にあるくるみ大の臓器のことを前立腺と言います。前立腺は三つの領域に分かれ、その三つの領域それぞれに役割があります。前立線がんはもともと欧米において多いがんでしたが、今では日本人にも増えている病気と言えます。日本人で言えば欧米の人の10分の1程度の発症率でしたが、今ではそれ以上の患者がいます。前立線がんは50代の男性に多く見られる病気であり、加齢による男性ホルモンのバランスが崩れることによって起こります。その他にも、慢性的な前立腺の炎症や食生活の乱れと生活習慣なども要因となりますので、日常生活でも注意する必要があります。日頃からの心がけで予防することのできる病気ではあります。

がんが広がるということ

前立線がんになった人だけではなく、他のがんについても体の違う部分に転移するということが多くあります。転移は血液やリンパ液などによってがんが運ばれることで起こります。がんなどによって運ばれた先で大きく成長することで新たながんが生まれるのです。前立線がんでは骨や肺、リンパ節に転移することが多いと言われています。放射線治療などでがん細胞が根絶できていない限り、そのがん細胞が転移する可能性は否定できません。そのため、一度がんにかかった人が再発することももちろんありますし、その後がんが体のあちこちに広がれば助かる可能性は低くなってしまいます。そのため、初めの治療の段階でがん細胞を根絶することが大切だと言えます。